特定の石碑に刻まれているエトルリア語のtularは、数世紀前から知られており、「境界、限界」と訳されることがよくあります。 これにより、紀元前6世紀から1世紀の間に作られた、いくつかの刻まれた石をエトルリアのランドマークとして解釈することができます。 J.-C.

宗教的な起源

これらすべての碑文に共通する点は、エトルリア文明に特有の信念と先祖の儀式を条件として、領土の制限についての同じ宗教的概念に由来しています。 エトルリアの僧侶、Arruns Veltymnusによって書かれたと言われるテキストは、ローマの測量士( Gromatici veteres )のテキストのコレクションに表示され、境界マーキングの実践はベゴイアの予言と神の間の相互作用にルーツがあることを示しています木星と人間:

「さて、木星がエトルリアの土地を自分のために予約したとき、彼は畑を測定し、土地を境界にするように決定し、命令しました。男性の欲望と土地に対する彼らの欲望を知って、彼はすべてのものがターミナルによって正確な知識にもたらされるべきであることを望んでいました。

テキストの残りの部分は、古い境界線の置き換えに続いて、エトルリア文明の8世紀を揺るがす悲惨な出来事を発表しています:呪いに襲われ、貪欲から、神聖な限界に違反した人々は、によって厳しく罰せられます神々。

エトルリアの国の境界

エトルリア人と他の人々との国境地帯で、トスカーナ北部(リグリア人)、ポー平原(ギリシャ人とベネチ人)、ウンブリア人(ウンブリア人)、さらにはチュニジア、カルタゴの近く! 後者はより最近のものであり(紀元前1世紀)、イタリアと内戦から逃れたエトルリア移民の家族の私有財産を区切りました。

ランドマークは、主に都市の領土の境界を設定するために使用されました。 コルトーナの近くで発見されたそのうちの1つには、「ラシーナ」という用語が含まれています。これは、エトルリア人が自国語で付けた名前が「ラシーナ」であると断言したハリカルナッソスのディオニュシウスの証言に照らして解釈できます。 その場合、それは都市の領域よりも広い領域、おそらくいくつかの都市のリーグの領域を区切るマーカーになります。

写真:

コルトーナからのエトルリアのcippus「TULARRASNAL」

写真の出典:

Rijksmuseum van Oudheden